広島から届け!

広島から届け!

ドラッグストアでの再会は気まずい

先日、仕事帰りにドラッグストアで買い物をしていると、以前、仕事でご一緒させていただいていたアラサー女性とバッタリ。
数年ぶりの再会だったので、やや以前の印象とのギャップがあったので、
少し声をかけるのをためらってしまったのですが、目が合ってしまったこともあって、こちらから「ご無沙汰しております」と挨拶。
よく見ると、肌はやや荒れ気味、そしてあごのラインがややふっくら。
いや、肩から上半身にかけても少し大きくなっている。ストレスを飲食で解消しているが故の結果なのだろうか。
そもそもどんなストレスなんだろう。仕事?プライベート?恋愛はしているのかな。
そんな具合に、ご無沙汰していた数年の間にいろいろなことがあったのだろうなぁ、と頭の中で想像。
誤解を恐れず言わせて頂きますが、時の流れは残酷だなぁと思いました。
そんなことを思っていることは表情には出さず、しばらくそこで世間話。
ふと買い物カゴに視線を落とすと、普段使いのプチプラコスメにストッキングがどっさり。
まぁ、決して私も人のことを言えたもんではありませんが、なんか生活感がフルに出てしまってて、気が付くとお互いにやや気まずい雰囲気。
これが昼下がりのカフェや道端でバッタリみたいな再会なら、もう少し話は違っていたかも知れません。
ドラッグストアって、生活感がモロに出てしまうので、ある意味見てはいけない部分っていうか、見られたくもないっていうか。
これからは、たとえご無沙汰な人であっても、ドラッグストアでは声をかけないようにしようと思います。


偶然通りかかった公園を散策

先週の日曜日はとってもいいお天気でしたね。
「こんな日は家にいたらもったいない!」ということで、
相方と車に乗って朝からお出かけしました。

 

野暮用を済ませ、カー用品店へ向かう途中、
以前から気になっていた大きな公園のそばを通りかかりました。
すると相方が、「公園でも散歩するか?」というので、
立ち寄ってみることにしたのです。

 

そこでいくつか点在している駐車場のひとつに車を入れようと思ったところ、
入口の看板に「土日は有料」と書かれていました。
しかし、相方がその公園には土日でも無料の駐車場があると記憶していたので、
公園の周囲をグルグル回って探してみました。
すると、10分ほど走って公園の北端にようやく無料の駐車場を見つけたのです。
しかも時はすでにお昼だというのに、まだまだ駐車スペースに空きがありました。
ラッキー!というわけで、早速、駐車場の一角に車を止めると、園内の散策を始めました。

 

整備された散策路を北から南に向かって歩きながら、
周囲に広がる畑や新緑がまぶしい豊かな森の木々を眺めました。
空気も美味しく、心も癒されます。

 

テクテク歩いて公園の中心まで来たところで東へ向かう道があったので曲がりました。
もっと南に行くこともできたのですが、今回は軽めのお散歩ということで。
先へと進むと階段があり、それを上り切ると公園の東端に着きました。
そこでまた左に曲がって北へ向かい、駐車場へと戻りました。

 

30分くらい歩いたかな?!日差しを体にたっぷり浴びて、軽く汗もかいて、
とても気持ちのいい時間を過ごせました。


30代婚活に求めるもの

 

婚活という言葉は今はやりのものですが、果たして婚活はどの程度行われているのでしょうか。

 

メディアで取り上げられることもたびたびあるので、最近ではよくパーティー自体を視聴することもあるのですが、その中でも注目は30代婚活でしょう。
20代と30代では婚活に対する心意気やそこに感じる切迫感も大きく異なることがわかります。

 

アラサーという言葉がありますように、30歳というのはある種の境みたいなものです。

 

とくに30代直前の20代から30代に切り替わる時期には婚活が活発になるということのようです。

 

そしてどちらにも共通しているのが20代最後としても後の無い30代としても婚活で結婚を急いでいるということでしょう。

 

結婚は恋愛と同等に考えている人もいればそうではない人もいて、それぞれどのような人をk探しているのかというのは基準が異なったりしています。

 

しかし、せっぱつまってきてもあまり基準が変わらないということもあります。
それが収入や人柄で、人それぞれの基準がありそうな部分でもありますが一線を引いていることの方が多いでしょう。

更新履歴