我が子の自転車の練習を見て

我が子の自転車の練習を見て

我が子の自転車の練習を見て

子供にとって、補助輪なしの自転車を練習するのはとても高い壁にぶち当たるようなものだと思います。
自分の時のことを思い出してみても、何度も転んで泣いて、もうやりたくないと喚いた記憶があります。
自転車の練習で重要なのはバランス感覚だと思っています。
そして、頭で理解しようとするのではなく自分の体で自然と覚えることが欠かせません。
頭で考えてしまうと逆にいつまで経っても自転車に乗れないままになってしまう可能性が高いので、
まさに「習うより慣れろ」の姿勢が大切です。
子供によっては大した練習をしなくても自転車にスイスイ乗れることもあるそうです。
残念ながらうちの子はそのタイプではなかったようで、相応の練習をしてやっと転ばずに乗れるようになりました。
一度乗れるようになると数日で驚くほど上達するのですが、それまでが長いんですよね。
我が家ではまず自転車のペダルを外し、足蹴りバイクの要領でバランス感覚を養う練習をさせました。
それでも怖がりな我が子は転びそうになって泣いていましたが、これもある程度慣れてくるとスムーズに走り回れるようになります。
ある程度バランスが取れるようになってからペダルを付けて本格的な自転車の練習を始めて、
事前練習のおかげが数分で一人で乗れるようになりました。
昔はこういう練習方法がなかったので、とにかくひたすら補助輪なしの自転車に乗って慣れるしかありませんでしたよね。
私が自転車の練習をした時に比べると、我が子が練習中に転んだ回数はとても少なかったです。